スタッフブログ

  1. Home>
  2.  
  3. スタッフブログ
*

2022年09月29日

昆虫標本室のガイドを行います!

10月1日(土)13:30〜より農業科学館1階昆虫標本室にて、
公園スタッフによるガイドを行います。
所要時間は20〜30分程度で、どなたでも無料でご参加いただけます。
ご参加希望の方は13:30までに昆虫標本室入り口にお集まりください。
DSCN4598.jpg
posted by 管理人 at 13:43| そのほか

2022年09月25日

桜島大根日記 その1

9月24日(土)に桜島大根の種を蒔きました!
とても大きくなる大根です!
場所は「花と野菜のにじ色農場」です。初めての栽培なので、まずは1株15kgを目指します!
株間(株と株の間の距離)は1mの距離をとり、伸び伸び育つようにしました。成長の様子は随時スタッフブログにアップしていきます。どの位の大きさになってくれるかな…?

IMG_5439.JPG IMG_5437.JPG
↑桜島大根の種(一般的なダイコンの種と大きさは変わりません)

IMG_5440.JPG IMG_5441.JPG
↑排水がよくなるように高畝にして、間隔を十分にとりました。

以下、桜島大根について。鹿児島市ホームページより引用。
産業・しごと > 農林水産業 > 農林水産物の流通・地産地消の推進 > 市内産農林水産物を使ったレシピ >

桜島大根
桜島大根は、200年以上の栽培の歴史をもち、桜島地域の特産物です。
収穫最盛期は1月中旬から2月上旬で、1本当たりの重量は平均で10〜20キログラムです。
世界一の重さ31.1キログラム(胴回り119センチ)をもつ大根としてギネスブックにも認定されています。

桜島大根は、
•煮込んだ桜島大根は味のしみ込みが早く、甘みがある
•柔らかいのに煮くずれしにくい
といった特徴があり、おでんやブリ大根、漬物などによく利用されます。

また、最近桜島大根には、「トリゴネリン」という物質が他の農産物よりも多く含まれていることがわかり、臨床研究により、1日170g程度(おでんの大根2切れ分)の桜島大根を食べることで血管機能の改善効果が期待できるという研究結果が得られています。

posted by 管理人 at 15:49| そのほか

2022年09月23日

9/25(日) 午後開催!季節の野菜収穫体験を行います!

受付場所:花と野菜のにじ色農場
日時:9月25(日) 13:30〜14:00  雨天時も開催します。
参加料:300円 先着25セット ※1グループにつき、1セットでお願いします。
収穫内容:天狗ナス&愛知本長ナス(計5本)、ピーマン・パプリカ(5個)、おまけ チョウマメの花(4花)

※雨天の場合、ナスは予め収穫しておいたものを受付にてお渡しする場合があります。
※チョウマメの花は、天候、気温によって開花数が変動します。当日の開花数が少ない場合は、乾燥させた花をお渡しします(乾燥させても青い色素は溶け出します)。
※チョウマメの利用方法については、9月4日に開催した収穫体験のスタッフブログ http://todagawa-staff.sblo.jp/article/189790576.html をご覧ください。

IMG_5428.JPG IMG_5426.JPG IMG_5422.JPG IMG_5325.JPG

環境のためマイバックを利用してレジ袋の利用を削減しよう!
ぜひ、マイバックやビニール袋をご持参ください。※今回はLサイズ1枚ぐらいの量です。

日中でも涼しく過ごしやすい日が多くなってきましたね。晴れるとビニールハウス内はやや暑くなることがあるので、帽子や水筒をお持ちください。
皆様のお越しをお待ちしております!

※お客様の新型コロナウイルス感染症予防・安全確保のため、混雑する場合は整理券を配布し、一度に体験いただく人数を制限させていただく場合があります。また、受付にアルコール消毒液を設置しておりますので、ご利用ください。
posted by 管理人 at 13:07| そのほか